「フリーランス」カテゴリーアーカイブ

IT系フリーランスで生きていく心得

インターネットの普及でフリーランスとして活動しやすくなった現在、自宅が職場になるという夢が簡単に実現できるようになりました。ただ、フリーランスで働くというのは、自由であるがゆえのデメリットもあります。仕事内容を自分で選ぶことができる反面、やりたくない仕事を後回しにしてしまったり、今日は気分が乗らないなどと言って、一日休みにしてしまうことも可能です。でも、たとえフリーランスとして自由に仕事ができるようになったからといって、仕事とプライベートのメリハリはしっかりとつけないといけません。フリーランスで生きていくためには、企業で働いているときよりも、自己管理能力が問われるようになります。この自己管理能力が低い人は、後々、仕事への行き詰まりを感じることになるでしょう。フリーランスで働けるようになると、企業で働いていたときと比べて、さまざまな恩恵を被ることができます。この素晴らしいフリーランスという働き方をいつまでも継続していくためにも、自己管理能力を高めていく必要があります。

フリーランスの仕事の取り方

今やIT系のフリーランスの事業者等数多く存在しているためにいかに選択肢もらうことができるかが大きなポイントになってきます。もちろん、ホームページなどで過去の実績やコストパフォーマンスなどをPRするのはわかりやすい所ですが同じようにPRしているところがたくさんあります。

まずはそれよりも過去の実績からどのような会社とどのようなお付き合いがあってどのような仕事をしてきたのか、実際に人を仲介してPRすることが1番だと思います。最終的にはなんといっても人間関係で仕事を決めることが多いのがIT系の企業にとっても変わらない事実としてあるからです。

そして、自分1人で仕事を行うのは非常にIT系の仕事は厳しいものがあります。いかに連携して仕事を請け負うことができるか、そのスキーム作りこそがフリーランスとして成功を収めることができるかどうかの1番のポイントになってくると客観的に考えられるポイントになってきます。

ITフリーランスになると嫌な仕事を断れるのがメリット

IT系の仕事をしているとき、会社に雇用されて働いていると会社の指示通りに動かないといけないケースがほとんどで、自由は少ないと思います。そこが大変な部分でもあると思うのです。仕事を選べれば心労も少なくなると言えると思うのですが、なかなかそうもいかないということで悩んでいる人もいます。しかし、ITフリーランスとして働くようになると、同じような仕事をしながらも、仕事を自由に断ることができます。その分他の仕事で収入を得ていかないといけないのですが、自分が選ぶ仕事のみで十分な収入を挙げていけるという状況があるならば、独立してフリーランスになっても問題はありません。嫌な仕事は避けて、やりたい仕事だけを選ぶ、または効率のいい仕事、稼げる仕事だけを選ぶといったこともしやすいので、苦痛も少なくなる可能性がありますし、収入も上がる可能性があります。ITフリーランスになるとメリットばかりではありませんけど、人によってはこういうメリットも十分存在するということなのです。

時間効率ができないとフリーランスは難しいです

自分の裁量や時間管理で色々な事にチャレンジできるのがフリーランスの大変素晴らしいところです。このような事を行っていく事で自分らしい時間管理の中でバランシングを取って仕事と人生の双方を愉しんでいく事ができます。フリーランスはこのような観点からしても自分らしい時間の中で素敵な自分でいるにはやはりフリーランスを愉しんでいく事が重要な意味を持つのです。しかし、営業的な要因とまたエンジニアや専門職としての側面の双方を自分で行っていかなければならない人間としてはやはり双方のスキルを自分自身で磨いていく事が重要な方法となるのです。このようなスキルを自分で磨いていく事でより素敵な時間管理の中で収入を得る事ができます。しかし、自分で社会保険やその他の事までも行っていかなければならないのがフリーランスの特徴ですので、そのような点からすると自分で自分の仕事をする時間と庶務的な仕事をする時間を上手く分けて行けない方はフリーランスで仕事をする事は中々難しいかも知れません。

IT系フリーランスのメリット

IT系フリーランスには、以下のメリットがあります。

一つ目は、「好きな時間に働ける」。

出勤時間も退勤時間も、自分で決めることができます。

例えば、午後から調子が出やすいという人なら、13時くらいから仕事を始めるというスケジュールでも問題ありません。

さらに、満員電車に乗る必要もありません。

二つ目は、「自分で休みを決められる」。

会社員だと、平日にテーマパークに行ったりするのはまず無理ですが、フリーランスならいつ休むかを自分で決められるので、空いている時を狙って行くこともできます。

三つ目は、「自由に実家に帰れる」。

会社員だと、上述のように土日くらいしか休めないので、しばらく実家に滞在したりはできません。

しかし、フリーランスなら、のんびり1週間ほど滞在することも可能です。

四つ目は、「どこにでも住める」。

PCとインターネット環境があれば仕事ができるので、都会が好きな人は都会に、地方が好きな人は地方に住んで仕事をすることができます。

ITフリーランスとして働くメリットは?

IT業界は今も昔も市場がとても大きく、扱っている範囲も広いですが、ビジネスとしていくらでもチャンスが転がっているジャンルと言えると思います。そのため、稼げる人はむちゃくちゃ稼げるのです。そうなると能力や才能を持っている人は会社に雇用されて働くよりもフリーランスになって働いた方が収入が伸びる可能性もあります。会社で雇用されている場合には、昇給したりするケースもありますが、給料の上がり幅はフリーランスとして働くケースよりも一般的には小さくなります。したがって、IT業界というのは本当に稼げる人はフリーランスとして仕事をするケースが多いと思います。ITフリーランスの方が絶対に稼げるとは言いませんが、会社員では稼げないような金額を稼ぐ人もいますから、ITフリーランスとして働くメリットはこういったところになります。こういったこと以外でもITフリーランスのメリットはありますけど、ここはメリットとして大きいので覚えておきましょう。

フリーランスが高い報酬を得るためにした方がいいこと

一人で仕事をするフリーランスは孤独になってしまいがちです。仕事のパートナーがいれば何か悩みができたときに解決方法をいっしょに探してくれるのでメンタル的に楽です。ネットで仕事を請け負っている人はあまり他人と接触をしなくなるので社会との繋がりを持っておく必要があります。例えば、同業者と結婚をして子供ができれば社会と繋がることができます。結婚をしてパートナーがいれば、いっしょに良い生活をするために頑張りたいという気持ちが湧くなどモチベーションをアップすることができるのは大きなメリットです。ただフリーランスになって間もない人は収入が不安定なので結婚を躊躇してしまいがちです。フリーランスが早く結婚をするためには高い報酬の案件をできるようなスキルを身に付けることが大事です。また、フリーランスが高い報酬を得るためには人脈作りが重要です。Webデザイナーの知り合いがたくさんいれば自分に高い報酬の案件を紹介してくれることもあります。

相性のいい仕事のパートナーと巡り合うべき

サイトを作る作業に集中したい人は自分の代わりに顧客と打ち合わせをしてくれるフリーランスと組めば苦手な打ち合わせをしなくてすみます。自分と相性のいい仕事のパートナーと巡り合うと大きなビジネスチャンスを持つことができます。仕事仲間を見つけるチャンスがないフリーランスは、多くのフリーランスが集まるセミナーに参加したり、ネット上で募集をしてみるといいです。何人かといっしょにサイトを作れるようになればたくさんの仕事を請け負うことができ、たくさん儲けることが可能です。また、サイトのデザインをすることが得意だけど文章を作ることが苦手なフリーランスのデザイナーは、文章だけを外部委託するサービスを積極的に利用するべきです。フリーランスは自分の好きな時間だけ仕事をすることができるので、気を抜くと仕事の効率が落ちてしまいます。そのため、自分で毎日のスケジュールを決めてコツコツとコンテンツを作る仕事をする努力をすべきです。

フリーランスは自分の欠点を補ってくれる人といっしょに仕事をするべき

フリーランスにとって理想の結婚は同業者と結婚することです。フリーランスは勤務時間が一般の人とは違い自分で決めることができるので不規則な生活になりやすいです。同業者ならば自分の生活パターンに対して理解をしてくれるのでいっしょに生活をしていて苦労がないです。また、フリーランスのWebデザイナーをしているのならば、同業者と結婚をすることでいっしょに仕事を分担してできるので非常に効率がいいです。また、仕事を請け負う役割と実際にホームページをデザインする役割を分担すれば仕事がはかどります。フリーランスは自分の得意分野と苦手な分野があるので自分の欠点を補ってくれる人といっしょに仕事をすることが大事です。例えばプログラマーの中には、コミュニケーションが苦手な人がいて顧客と打ち合わせが上手く出来なくて悩んでしまいがちです。そんな人はコミュニケーションスキルが高い人といっしょに組んで仕事をするとスムーズに作業ができます。

IT系のフリーランスの仕事の良さ

IT系の仕事は、インターネットさえつながっていれば、場所や時間の制約があまりないことから特定のオフィスを持たないフリーランスの立場の人がかなり増えてきています。

フリーランスと言うと、収入が安定しないようなことが心配されるのですが、自分のスキルでしっかりとビジネスの展望が確立されている人であれば、むしろ1人で独立している方が、自分のペースで仕事が上手く進むことができます。

会社に勤めていると、計画や時間効率を強く求められてしまうことから、どうしても自由な発想さえ生まれてこないこともあります。

そのような意味で、自分のスキルを完全に活かしたいと思うのなら、フリーランスの立場で自分の描いているビジョンを慌てずじっくりと練りこんで実行することができるでしょう。

その反面、戦略ビジョンを持っていない人がフリーランスになると、その日暮らしの仕事になるので、常に目先の仕事を求めて行くようになってしまい、バタバタな生活パターンに陥ってしまいます。