フリーランスになって収入は落ちたもののパートナーが喜んだ

退職してフリーランスになり、やはり収入は落ちました。
また、定期的な仕事がないと収入が安定しないため、大きくお金を得ても散財できずしっかり貯蓄しておかねば・・・というスタンスになります。
金銭感覚がややシビアになる一方、フリーランスになって喜んでくれたのがパートナーでした。
基本的に在宅でも仕事が可能であるため、パートナーを送り出した後掃除などの家事をこなし、仕事。
パートナーの帰宅に合わせてご飯を作り、出迎えて一日が終わる。
専業主婦・主夫を持つような感覚になりますが、実際には働いているので本人にもきちんと収入があります。
ゆえに、ダブルインカムは崩れないまま家での環境が良くなるといったかたちです。
こちらとしても家計に算入する金額が減ってしまったため、家事労働を対価として考えられるため、意識的にもアンバランス感はありません。
また、パートナーの予定や休日に合わせて自分自身も休日を設定するので旅行等がしやすくなりました。