IT系のフリーランスの種類について

一口にIT系のフリーランスといっても、実はいろいろな種類があります。
一つ目は、「Webデザイナー」。
クライアントの要望を聞いたうえで、「機能性」「デザイン性」などを兼ね備えたサイトを作る必要があります。
二つ目は、「Webコーダー」。
Webデザイナーの案を基に、ページのレイアウトをして行く仕事です。
デザイン案に合った言語を使える能力が求められます。
三つ目は、「グラフィックデザイナー」。
人物や背景などを描く仕事です。
特にゲームアプリ制作の現場で求められる職種ですが、人物のイラストを専門としたいわゆる「絵師」も含むことがあります。
四つ目は、「エンジニア」。
これは、「システムエンジニア」「ネットワークエンジニア」などとさらに細分化され、それぞれ業務内容も違ってきます。
五つ目は、「プログラマー」。
システムエンジニアが作った仕様書をベースに、プログラミングして行くという職種です。
これらの他にも、「コピーライター」「アフィリエイター」などの職種があります。