月別アーカイブ: 2017年12月

フリーランスは自分の欠点を補ってくれる人といっしょに仕事をするべき

フリーランスにとって理想の結婚は同業者と結婚することです。フリーランスは勤務時間が一般の人とは違い自分で決めることができるので不規則な生活になりやすいです。同業者ならば自分の生活パターンに対して理解をしてくれるのでいっしょに生活をしていて苦労がないです。また、フリーランスのWebデザイナーをしているのならば、同業者と結婚をすることでいっしょに仕事を分担してできるので非常に効率がいいです。また、仕事を請け負う役割と実際にホームページをデザインする役割を分担すれば仕事がはかどります。フリーランスは自分の得意分野と苦手な分野があるので自分の欠点を補ってくれる人といっしょに仕事をすることが大事です。例えばプログラマーの中には、コミュニケーションが苦手な人がいて顧客と打ち合わせが上手く出来なくて悩んでしまいがちです。そんな人はコミュニケーションスキルが高い人といっしょに組んで仕事をするとスムーズに作業ができます。

IT系のフリーランスの仕事の良さ

IT系の仕事は、インターネットさえつながっていれば、場所や時間の制約があまりないことから特定のオフィスを持たないフリーランスの立場の人がかなり増えてきています。

フリーランスと言うと、収入が安定しないようなことが心配されるのですが、自分のスキルでしっかりとビジネスの展望が確立されている人であれば、むしろ1人で独立している方が、自分のペースで仕事が上手く進むことができます。

会社に勤めていると、計画や時間効率を強く求められてしまうことから、どうしても自由な発想さえ生まれてこないこともあります。

そのような意味で、自分のスキルを完全に活かしたいと思うのなら、フリーランスの立場で自分の描いているビジョンを慌てずじっくりと練りこんで実行することができるでしょう。

その反面、戦略ビジョンを持っていない人がフリーランスになると、その日暮らしの仕事になるので、常に目先の仕事を求めて行くようになってしまい、バタバタな生活パターンに陥ってしまいます。

なんでも安く引き受けてはIT系フリーランスの未来なし?

IT系フリーランスの仕事における注意点といえば、「仕事ください!なんでもします!」という姿勢で、ギャラが低い仕事でもなんでも受けてしまうことだと思います。

会社がIT系フリーランスの人に仕事を出すメリットのひとつには、「ギャラが安くても引き受けてくれること」も入っていたりするのですが、しかしギャラが安いのにも関わらずに、クオリティーだけは一流を求めてきたりしますからね。

それでも、仕事をしてくれるIT系フリーランスからこそ、どんどんとギャラが値下がりしていく傾向があることも否定できないとは思うのです。また、一度安い価格で仕事を引き受けてしまいますと、その次もまたその次もギャラを低めにお願いされたりもしますからね。

ですからこそ、「この金額ではちょっと…」と思う際は、その姿勢を示すべきです。仕事を断れと言っているのではありませんよ。「いくらならばやります」といったように、自分の中で納得できる金額を提示すべきです。

IT系フリーランスとして長く仕事をしていきたいと思うならばこそ大事なことですから。

買い叩かれがちなフリーランス

企業がフリーランスを利用する際に、一番重視するのが価格ではないでしょうか。
企業に依頼すると高く付くところを、フリーランスの方であれば安く仕事をしてくれるのではないか、という意識が今も抜けていないように感じます。
実際、フリーランスになったからと言って企業に努めていた頃よりも多く収入が得られるということは少ないと言われています。
(よっぽど大きな案件を抱えて淹れば別ですが・・・。)
フリーランス業界全体で、安価なプロジェクトは受けず、きちんと生活可能な金額を提示するようにして、フリーランスの立場を向上させようという動きもありますが、実際、フリーランスになって仕事を始めると「仕事がない」ことの方が恐ろしく、生活のために単価の低い仕事でもやる、という方が多いのです。
ただ、そのような姿勢になってしまうと、単価の低い仕事しか依頼されなくなってしまいます。
フリーランスになれるほどの技術力を持っているわけですから、最初のうちは単価の低い仕事をこなしつつも、しっかりとした金額を提示して、それを支払ってくれるクライアントとお付き合いしたほうが、フリーランスとして継続していく上で大切です。

自分のパフォーマンスの高い時間帯に仕事ができるフリーランス

IT系フリーランスの方の作業ペースや作業時間帯は本当に人それぞれです。
日中にパフォーマンスの高い作業ができる方もいれば、早朝や深夜作業が得意という方も多くいます。
パフォーマンスの高い時間帯に作業するというのは、作業スピードはもちろん内容の質も高く、他の人に合わせて作業するよりもよっぽど良い仕事になるのです。
普通に勤務していては、会社の定める始業終業時間内に作業をせねばならず、自分が持つパフォーマンスを最大限に発揮できないこともしばしば。
これが、フリーランスになれば、自分の思うように仕事ができるので、フリーランスになったことによって仕事の評価が上がったという方も少なくありません。
しかし、フリーランスになったら自分で仕事を獲得しなければならないので、営業に割く時間が必要になるというデメリットもあります。
フリーランスになるためには、最低でも1〜3年継続される仕事をとってからが理想です。
仕事がもらえるコネもないまま突然フリーランスになるのは、かなり危険です。

 

IT系の仕事におけるフリーランスの最大のメリットは?

IT系の仕事におけるフリーランスでの活動のメリットと言えば、「自分の裁量で仕事を受けることができる」という点でしょう。第一にも二にも、この点はとても大きいですよ。

だって、会社に勤務していますと、当然なのかも知れませんが、自分の都合なんて二の次で、目の前にポンポン置かれた仕事をひたすらこなしていかなくてはならないわけです。

それに自分の仕事が早く終わろうが、他の人がまだ仕事があれば、手伝わなくてはならないとかいう暗黙の了解的なものが存在している会社が、わりと多くあるのですよね。

しかしフリーランスになりますと、そういったしがらみ的なものが一切なくなるわけですから。そこがまず、IT系仕事で独立するとても大きなメリットだとも言えるでしょう。

けれど逆に言えば、会社には属していないIT系の仕事におけるフリーランスなわけですから、もしも自分が体調不良になろうが、代わりにやってくれる人はいないのです。風邪をひこうが何しようが自分一人です。

しかしそこを差し引いても、「自分の仕事を自分の裁量でできる」ということは、IT系の仕事におけるフリーランスの大きなメリットだと感じます。