IT系のフリーランスの仕事の良さ

IT系の仕事は、インターネットさえつながっていれば、場所や時間の制約があまりないことから特定のオフィスを持たないフリーランスの立場の人がかなり増えてきています。

フリーランスと言うと、収入が安定しないようなことが心配されるのですが、自分のスキルでしっかりとビジネスの展望が確立されている人であれば、むしろ1人で独立している方が、自分のペースで仕事が上手く進むことができます。

会社に勤めていると、計画や時間効率を強く求められてしまうことから、どうしても自由な発想さえ生まれてこないこともあります。

そのような意味で、自分のスキルを完全に活かしたいと思うのなら、フリーランスの立場で自分の描いているビジョンを慌てずじっくりと練りこんで実行することができるでしょう。

その反面、戦略ビジョンを持っていない人がフリーランスになると、その日暮らしの仕事になるので、常に目先の仕事を求めて行くようになってしまい、バタバタな生活パターンに陥ってしまいます。